Facebookの仮想通貨「リブラ(libra)」はどっちにどう転んでも面白そうな展開になる予感しかしないという点で注目している理由

リブラ libra

Facebook がブチ上げた仮想通貨「リブラ (libra)」、盛り上がってますねぇ~(^ ^)

先進7カ国(G7)が財務相・中央銀行総裁会議で米交流サイト大手フェイスブック(FB)の暗号資産(仮想通貨)「リブラ」の規制を議論するのは、従来の国家の枠組みを超える“通貨”としての影響力に警戒感を強めているためだ。

リブラが資金洗浄やテロ活動の資金支援などに悪用される懸念を強調した。

Libra影響力、世界が警戒 FB利用27億人「通貨」脅かす恐れ G7議論 – ITmedia NEWS

リブラ規制「早急な対応必要」 G7財務相が足並み:日本経済新聞

 

そもそもリブラ (libra) って何なんですかね。

世界最大の交流サイトを運営するフェイスブックがつくる、スマホ用のお財布にためる「お金」のことです。

利用者はドルや円、それにさまざまな現地通貨でリブラを買ってスマホのお財布(アプリ)にためることになります。反対にリブラをドルや円に両替することもできます。

マネーロンダリングやテロといった犯罪の温床になるのではないか?サイバー攻撃されたら金融システム不安が起きて世界経済が大混乱するのではないか?送金や買い物のデータがフェイスブックの「狙い撃ち広告」に使われるのではないか?

リブラって何ですか?|サクサク経済Q&A| NHK NEWS WEB

 

仮想通貨に電子マネー、QR 決済等々、今って正に金融や通貨が変化する激動期である事は間違いないと思うんですけども、Facebook という世界最大のコミュニティ・インフラストラクチャを形成する Facebook が通信・コミュニケーションに続いて通貨までコントロールしちゃうというダイナミズム。

数多くの業者がここで覇権を握ろうと巨額を投資しているマーケットに、そのマーケットボリュームでもって暴力的に参入してくる Facebook という“ジャイアン”がどう暴れて、先発業者を蹂躙し傘下に組み込み“スネオ”化していくのか。ただでさえ激動だったのにますます混乱していくんだろうなあと思うとワクワクしかしないです。

おまけにその Facebook が立ち向かう相手は旧態然の「国家」という巨大組織! マネロンやテロ資金の温床になるぞ!!と煽ってはいますが、要するに「通貨という国家の基盤、枠組みの基本単位」が Facebook という一企業によって無理矢理ボーダレスになってしまうことによって国家というコミュニティが Facebook よりも下位のポジションになってしまうことによって奪われてしまう既得権益を守らなきゃ!!というのが真意なのだろうとは容易に想像できますので、そりゃーこれから Facebook に対する逆風と圧力は相当なものになるんだろうなあと思うとこれまたワクワクしかしないです。

Facebook が国家に潰されたとしてもそこに至るまでの闘争は絶対に見ていて面白いものになるだろうし(映画「ソーシャル・ネットワーク」の続編はこれでいける。サブタイトルは「帝国…じゃなくて「国家の逆襲」で。)、まぁ我々庶民はそうなったらまた既存の通貨なり粗悪なビットコインをもう少しマシにしたような小規模でローカルな仮想通貨なり林立する電子マネーのどれかにでも戻ればいいでしょ。

逆に Facebook が覇権を握ったとしたら、海外旅行の時にレートを気にせずお買い物ができるとかはもちろん、海外と売買・取引したりがより簡単になったりと今まで以上にボーダレスな社会が享受できる可能性が上がるわけで、これまたワクワクしかしない世の中が待っているかもしれないわけです。

それで利益を得る者、不利益を被る者、色々出てくるとは思うんですけども、そんなのは社会の上流でのお話でしかないわけで。庶民にとっては便利になるか面白くなってくれるかのどちらか、という話でしかないと思いますので今のところワクワクしかしておりません。

 

まぁ取り敢えずはホリエモン辺りがこれに乗っかって「ドル・円なんか捨てちまえ!」と騒いで、反論する保守派フォロワーを罵倒しまくる炎上っぷりを披露してくれたら楽しくていいと思います。

コメント